花も草も

まだ寒い日もありますが、暖かくなってきました。

そうなると、急に草が伸びてきて、油断できません。

ちょこちょこと、庭に出るたびに、草を抜くのですが、だんだん追いつかなくなってきました。

 

桜は、町内に桜並木もあり、ちょっと表に出れば、存分にお花見が出来ますので、わざわざ出かけることもありません。

先日、選挙の投票帰りに花のトンネルの下を歩きましたが、とても綺麗でした。

 

 

桜より一足早く、我が家の鉢植えのアーモンドが、今年も咲きました。

年々、花数は増えていますが、肥料をやり忘れていたからか、花は小さかったように思います。

ピンぼけですが記録のために。

f:id:norochan:20190323090900j:plain

f:id:norochan:20190330074616j:plain

 

 

 

色々な草花も、そろそろ咲きだしました。

f:id:norochan:20190325130324j:plain

ブルーのハナニラがあっというまに、茂りに茂って、どうしようかと思案中です。

  

 

f:id:norochan:20190412110255j:plain

ムスカリは、去年の鉢のままで、まとまりがないです。

 ブルーの濃淡が咲きますが、白い花も綺麗なので欲しいなと思っています。

 

f:id:norochan:20190406125802j:plain

先日、ミニのアイリスが咲いた鉢にミニのチューリップが咲きました。

おまけに貰った球根ですが、綺麗です。

 

f:id:norochan:20190412110239j:plain

イベリスは、古い鉢植えですが、忘れずに咲いてくれます。


 

f:id:norochan:20190406092252j:plain

去年と同じフリル咲きのパンジーを、今年も生協のカタログで買って植えました。

この鉢に3株はちょっと窮屈です。とても沢山咲くのです。

左は、勿忘草。可愛い花です。

 

バラは、どの鉢も、どんどん葉を広げています。

今のところ、病気も出ていないので、綺麗です。

今年一番の蕾を見つけました。ダークレディ、濃い赤紫の花が咲きます。

f:id:norochan:20190412110328j:plain

 

クリスマスローズは、まだ沢山咲いていますが、色が褪せてきました。

そろそろ、花がらを摘む方がいいかもしれませんが、これがまた一仕事です。

 

これから、草むしりも花の世話も、どんどん忙しくなります。 

最近読んだ本、これから読む本

寒い間は、家の中に引っ込んで、本を読む時間が多いのですが、残念ながらやはり目が疲れやすい、肩が凝る、で、なかなか進みません。

写真を撮らずに片付けたのものもありますが、写真があるものだけ、記録のために。

 

この冬読んだ本、

f:id:norochan:20171227203048j:plain

f:id:norochan:20171227203412j:plain

f:id:norochan:20190403084724j:plain

庄野潤三さんが亡くなられて、もう十年近くになるということです。

残された作品や、お住まいの紹介など、しみじみと読ませていただきました。

 

金井美恵子さんは、娘の好きな作家で、沢山の著作が娘の本棚に並んでいますが、今まで読む機会がありませんでした。

先日、新しい本が目につくところに置いてあって、エッセイ集で読みやすそうだったので、娘より先に読んでしまいました。

お姉様で画家の久美子さんの作品が挿絵になっていて、明るい色彩で楽しい本になっています。

色々な雑誌に掲載された作品を集めた物で、意外に家庭的な話題で、楽しく読めました。

 

 

これから読む本、

f:id:norochan:20190327105224j:plain

コージーブックスの「お茶と探偵シリーズ」は、のんびりと読めて、気分転換にいいので、今読みかけたところです。

 

ダン・ブラウンの「オリジン」も面白そうで、楽しみです。

先日、テレビで「インフェルノ」の映画を見ました。前にも見たと思うのですが、ところどころしか覚えがありませんでした。

本を読んでも、映画やドラマを見ても、すぐに忘れてしまいます。

 

小さな花いろいろ

ミニアイリスが咲いています。

f:id:norochan:20190307091643j:plain

f:id:norochan:20190310095623j:plain 

ミニアイリスは、何年か前に小球根のセットに入っていたもので、気に入っていたので、増えて欲しいと思い地植えにしたのですが、消えてしまったのかと思っていました。一輪だけですが、久し振りに花をつけて、とても嬉しいです。

そんなところに、何かのおまけで頂いた小球根を植えておいた鉢から、少し薄い色のミニアイリスが2輪咲いたのです。本当にハッピーな気分です。

一緒に植えて、まだ花がついていないのは、ミニチューリップでしょうか。

何の球根か、知らずに植えたものです。

どんな花が咲くのか、楽しみに待っています。

 

 

f:id:norochan:20190310095659j:plain

ミニ水仙が、毎年少しですが咲いてくれるので、楽しみです。

 

 

f:id:norochan:20190307104000j:plain

すみれは、昔、知り合いの方から頂いたもの。

消えかかっていたのが、今年は少し復活してきた様で、これも嬉しいことです。

クリスマスローズ

殺風景な庭にも、春らしい花が咲き始めています。

まず、クリスマスローズです。

今年は、ちょっと花が少ない様ですが、ぼつぼつ増えています。

花の色は、自然交配かなにかで、変わってくるようですが、昔植えたものの種が落ちて増えてきたものが殆どです。

珍しい色や、八重のものなど、クリスマスローズの世界は年々物凄い進歩を続けていますが、我が家のは、一重のシンプルなものばかりです。

f:id:norochan:20190302110502j:plain

f:id:norochan:20190302110531j:plain

f:id:norochan:20190302110546j:plain

f:id:norochan:20190302110648j:plain

f:id:norochan:20190302110808j:plain

f:id:norochan:20190302110946j:plain

f:id:norochan:20190302111130j:plain

f:id:norochan:20190302111256j:plain

f:id:norochan:20190307091700j:plain

f:id:norochan:20190307104250j:plain

f:id:norochan:20190307104345j:plain

 殆ど肥料もやらず、古い葉を取り除く程度の世話だけでも、けなげに咲いてくれる愛しい花達です。

若ごぼう

先日テレビで、若ごぼうを使ったお料理を見ましたので、その話をしていましたら、娘がお勤め帰りに、スーパーや百貨店の売り場で気を付けていてくれて、一昨日、立派な一束を買って来てくれました。

ごぼうは、独特の風味があって、私達の好物ですが、季節のもので売っている期間が短く、普段生協に頼っていてスーパーや百貨店に行く機会があまり無いので、手に入れるのが難しいのです。

ずっと以前に、河内長野に住む姉の話でこの野菜を知った頃は、4月頃に買えたと思うのですが、収穫時期がだんだん早くなったのでしょうか、うっかりして時期を逸し、買い損なった年もありました。

今年は、運よくめぐりあえて、幸せでした。

根の部分もかなり大きくなっていたので、葉柄と根は油揚げと一緒に炒め煮に。

葉もとても綺麗だったので、別に佃煮風にしました。

f:id:norochan:20190305194040j:plain

 

ミシン仕事(5)糸の事

長年のホームソーイングで、ミシン糸の残り物が沢山溜まりました。

色が合えば、新たに買わなくて済みますが、微妙に合わなくて、買い足すことも多くてこんなに溜まったのです。

これもあれば便利で、捨てられません。

f:id:norochan:20190225085235j:plain

 

裁ち目かがりをする時は、ロックミシンが早くて綺麗に出来ていいのですが、ミシンを出すのや、糸替えが面倒だし、白と、生成りとグレーしか糸を持っていないので、ついジグザグ縫いで済ましてしまいます。

 

縫物仕事が一段落で、そろそろ庭仕事が忙しくなります。

 

 

 

 

ミシン仕事(4)アッパッパ

去年の始め頃から、五十肩が続いて、左腕を肩から上へ上げると痛くて、背中の方へ回すのも難しくなりました。

毎朝のテレビ体操も思うように腕を動かせません。

 

肩や腕を動かす方が治りが早いということで、なるべく動かす様にしています。

大分治ってきていますが、まだすっかりは治っていません。

 

去年の夏の間、アッパッパを着たり脱いだりするのに、背中ファスナー開きが殆どなので、腕が回らず、難儀しました。

今頃になって、五十肩なんて、思わぬ伏兵にやられた思いでした。

前開きにしなければと、その時切実に思いました。

 

去年の秋になってから、買い置きのジャワ更紗の布地があったので、前開きのアッパッパを縫って置こうと思い、裁断だけはしたものの、縫う意欲がなく、そのままになっていました。

縫物の途中で年を越すなんて、初めてのことでしたが、これを仕上げようと思い立ちました。

この夏に間に合いました。

f:id:norochan:20190223121239j:plain

一着分の布地の端に細かい連続模様の柄があるので、それを利用して襟ぐりの縁取りにしました。

 

ファスナーに、南国風の綺麗な色の鳥のチャームを付けてみました。

f:id:norochan:20190223003730j:plain